コールセンター、キーパンチャー、封入、デバックのアウトソーシング、業務委託なら|ママスクエア

お問い合わせ >

イベント託児を始めました!

9月6日 ユメックス様主催の「女性のおしごと参観日in池袋」が開催されました。
そろそろ仕事再開したい、でも何から始めたらいいの?
どんな会社がどんな人材をもとめているのか、企業の合同説明会で一挙に情報収集できる機会です。
働く女性のメイク講座、証明写真撮影、東京しごとセンター 女性しごと応援テラスのセミナー「再就職の扉を開くコツ、働く前に知っておきたいこと」なども同時開催されました。

今回、ママスクエアは、当社初となる、出張託児コーナーを当イベントに出展しました。

「託児コーナーもご用意しています!!ママが子どものそばで働ける新しいワーキングスタイルを提供している
『株式会社ママスクエア』がご協力!!」

ちらしでは、このようにお知らせし、おかげで多くのママが子どもと一緒に参加しました。
入口からベビーカーが何台も連なって入ってくる光景や、子どもをママスクエアに預けて、カフェ休憩するママたちの様子を見ると
「行ってみようか?」とママたちが誘い合って来場し、自分に向き合う時間をすごしている様子が見られました。

課題と解決

ママが安心して仕事さがしできるイベントに

(ユメックス株式会社様のコメント)

ユメックスでは2017年より、女性向けの復職支援イベントを実施。
1年間で2000人以上の参加者が来場し、好評を頂いております。

一方で、託児スペースをご用意していない開催では、
小さなお子さんを連れてご来場されている方への対応は十分とは言えませんでした。

お子様のご機嫌が悪くなってしまい途中退場される方など、せっかくの機会を十分に活かして頂けないこともありました。
自分の将来と真剣に向き合うママにとって、「もっと参加しやすい」「もっと楽しんでいただける」イベントにしたいという思いから、
キッズスペース付ワーキングオフィスの運営で実績のあるママスクエアさんに依頼しました。

------------------
ユメックス コーポレートサイト:
http://corp.yumex.ne.jp/

お仕事探しイベントナビ:
https://yumexnet.jp/article/event_navi/


託児ノウハウを活かした工夫を提供

ママスクエアでは、ユメックス様のイベント会場の一画に託児コーナーを設置。
ママが振り向けば子供が見えるくらいの低いパーテーションで囲った空間に
飽きずにママを待てるよう、専門スタッフが選んだ玩具を揃えました。
床には柔らかいクッション材を敷き詰め、靴を脱いで過ごせる様にしています。

託児コーナーには、保育士やキッズスタッフらが常駐しています。イベント開催時最多12名のお子さんを
お預かりした際には、4名のスタッフが見守りをし、一人ひとりのお子さんに目が配れるようにしました。

お預かりの受付では、検温し体調を確認させていただき、連絡先の交換をしてから、ママたちはイベントに参加します。
もしお熱があがることがあれば、携帯を鳴らしすぐにお迎えに、というルールです。

会期中お呼び出しもなく、子供たちは楽しく過ごせました。
途中泣きだす子もいましたが、ママスクエアの専任スタッフに抱っこされいる我が子を確認して、
安心して自分の目的に集中する姿がありました。
ph01
ph01
ph01
ph01
ph01
ph01