コールセンター、キーパンチャー、封入、デバックのアウトソーシング、業務委託なら|ママスクエア

お問い合わせ >

EYInnovative Startup2018受賞!

新日本有限責任監査法人が企画する“EY Innovative Startup 2018”を受賞しました。 イノベーションを推進するスタートアップ企業として認定する制度。

“EY Innovative Startup 2018”は、優れたスタートアップ企業を正当に評価することで、さらなる成長を支援し、
経済活性化につながるイノベーションの促進を目的に 2017 年より開催されています。企業は、EY のネットワー
ク・ナレッジ、外部有識者の意見を参考に選出し、革新性、成長性、社会性の 3 つの評価基準によって決定して
おり、今回は 10 分野より 21 社が選ばれています。 この度、当社の子どものそばで働ける保育園でもない在宅でもない新しい[ママスクエアモデル]が評価され “EY Innovative Startup 2018” Child Rearing 分野に選ばれました。 ※Child Rearing;社会環境の変化によって新たなニーズや成長ビジネスが発生。
EYInnovativeStartupとは?

課題と解決

働きたくても働けない女性!全国に150万人も

保育園の待機児童問題が解消されない中、子育て期の母親は社会復帰ができずに困っているケースが多くある。就職活動するには子どもの預け先が決まっていることが条件、預け先を決めるには仕事が決まっていなければ・・この狭間にあって、仕事か子育てか?を二者択一せざるを得ないケースだ。

保活と就活が一挙に解決

ママスクエアの事業モデルであれば、「働きたくても働けない」母親たちに働く場と子どもの預け先を同時に提供できる。ママスクエアは、オフィス機能を持つ[ワーキングスペース]と子どもを預ける[キッズスペース]からなっている。ワーキングスペースでは、BPO(アウトソーシング)を中心とした仕事に従事する。母親たちが働いている間、子どもたちは隣のスペースで専任のキッズサポートスタッフと安全に過ごすことができる。店舗によっては、親子で利用できる[カフェスペース]も併設している。ママスクエアは、企業が抱える人手不足などの課題解決策としてこのモデルを提供している。
ph01

働く場所が必要!

[仕事×働き手(ママ)×場所]をユニットとして捉え、子どもを預けながら働ける場所を創出できるのがママスクエアの最大の特徴。

ママスクエアは直営拠点だけでも20拠点!

ママスクエアは、現在、関東・関西・九州において20か所を展開している(2018年5月末現在)。今後4年間で約100拠点の出店を目指している。全国に拠点が増えることで、ママスクエアモデルが新しい働き方として定着するのが狙い。
ph01
ph01
ph01